不動産 購入 売却 ポイント

失敗しない不動産会社選びについて

不動産

失敗しない不動産屋の選び方

マンション購入や一戸建てなどの購入を検討する際、まずは不動産屋を選びますよね?
この時に、怪しい不動産屋を選ぶと良い不動産を選ぶことが難しいです。
そこで、良い不動産屋を選ぶ必要があるのですが、良い不動産屋を選ぶ時の条件は以下のとおりです。

 

1)物件をたくさん抱えているかどうか?
やはり物件に関しては情報量が豊富な方が良い物件を紹介してもらえます。

 

2)地域密着型で自分の希望する地域に詳しいかどうか?
例えば、小学校やスーパー等、何がどこにあって利便性がどれくらい高いのか、生活がどれらけ便利なのか教えてくれる不動産屋を選びましょう。

 

3)大手だから良いは間違い?
不動産屋は大手だから良いとか中小だからダメということはありません。
今は、レインズなどの情報ツールもありますから中小でもそれなりの物件情報にリーチすることができます。
それよりも、購入者にとって有益な情報や、親身になって相談に乗ってくれるような不動産屋を選ぶようにしましょう。
ただ、注意点としては、購入後も何かあれば不動産屋を頼ることになりますので、経営状態が悪くていつ倒産するかわからないような不動産屋は選ぶのは控えましょう。

 

とりあえず、まずは
失敗しない不動産会社を選ぶことが良い住宅購入のスタートになります。

 

不動産(物件)を見に行く時のポイント

通勤アクセスや交通の便について

購入候補の物件が見つかった場合、その物件を下見に行くと思いますが、その場合の交通機関は公共交通機関と車の両方で行くことをお勧めします。
最初はとりあえず物件(住宅)の様子だけを観に行く場合が多いので、その場合は車等、自分が便利な乗り物でいけばいいです。ただ、物件を気に入って、購入候補の上位に入ってきた場合は、実際に住んでからの交通の便を知るために、公共交通機関を使って実際に駅やバス停からどれくらいの時間で家に着くか、あるいは、家から会社までどれくらいかかるのか?を確認するのがベストです。
実際に近辺を歩くことで、周辺環境や生活環境を肌で感じることもできますし、自分達の許容範囲内であるかどうかが判断できます。
仮に、ちょっと不便だなと感じた場合は、その物件(不動産)事態の魅力とその交通アクセス等のメリットデメリットを比較して決めるようにしましょう。
また、平日や休日どっちかだけでなく、両方で確かめることでより実感がわくと思います。

 

周辺環境をしっかり確認しよう

また、周辺に何があるのか、土地の形状、道路の起伏、日射条件等も確認のポイントです。
よくありがちなのが、建物だけに注意を取られて周辺環境が見えていない場合です。やはり住んでからの利便性というのは周辺環境に大きく関わってきます。
子供がいる場合は、小児科等の病院や保育園、幼稚園等の保育施設、スーパーがどこにあるのかなども重要なチェックポイントです。
この辺は、後回しにしがちな人もいますが、引っ越してから後悔しても後の祭りです。
加えて、近隣の騒音や交通量なんかは平日、休日で変わってきますので、本格的に購入検討に入った場合はしっかりとチェックしましょう。

 

不動産(住宅)の売却について

住宅を購入するケースですが、もちろん不動産を初めて購入するという人もいるし、2回目、3日目の購入という人もいるかと思います。
初めての購入の場合、今までは賃貸に住んでいて自分の家が欲しいからと、一戸建てやマンションを購入する場合が多いのじゃないでしょうか?

 

その場合は、購入する家のことだけを考えておけばいいのですが、問題は今住んでいる家を売却して新しい家を購入する買い替え(住み替え)というパターンです。

 

家の買い替え(住み替え)

 

この場合は、購入する物件だけではなく、今住んでいる家を出来るだけ高く売るということも念頭に置いておかなければいけません。
また、その売却価格だけでなく、新居の購入と今の自宅の売却のスケジューリングも重要になってきます。

 

そういった意味では、やっぱり不動産売却の流れをしっかり理解したうえで、売却活動に臨みたいところですね。

 

その際も、やはり信頼できる不動産屋と共に、不動産売却の計画をしっかりと立てて家を売っていく必要があるので、やっぱりここでも良い不動産屋を選ぶということは重要になってきます。

 

実際には、不動産の一括査定サイトを利用すると、自分に適した不動産屋を見つけやすいです。

 

■不動産売却・査定関連の参考サイト■
不動産売却・査定超入門〜家を最も高く売る方法を伝授します〜
※不動産売却の流れから税金等まで幅広く情報を網羅しています。
 (当サイトも一部引用しています。)

塗装とは

ここでは「塗装」に関する一般的な知識をウィキペディアの文章を引用して共有します。

 

塗装の一般常識

塗装は、一般的に物体の装飾や保護、防錆を目的として行われるが、建築物などの不動産では通路とそれ以外のスペースの識別などにも使用されることがある。なお、同様の目的でめっきを施すこともあるが、塗装の多くは表面に皮膜となる塗料を常温・大気下で塗布することができ、より簡便である。ただめっきに比べると塗料の性質上、強固な皮膜とはなりにくい。

 

金属の多くは大気中の酸素に触れることで酸化し錆を発生させるが、こと鉄の場合は表面の錆が内部に向かって浸蝕する性質が強く、多くの鉄製品では塗装が必須である。また単純に見栄えを良くするための装飾の目的でも塗装はしばしば行われる。

 

塗料にも目的によって様々な性質のものがあり、防錆用に耐候性に優れ厚い皮膜を作るものから、装飾用に耐光性に優れ発色良く光沢ある表面に仕上がるもの、艶消しなど特定の性質を持つものなど様々である(→塗料)。これらには各々得手不得手があり、その目的に添って使い分け、或いは重ね塗りが行われる。また適切に重ね塗りすることで、単一の塗料では得られない強固で見栄えの良い塗装を行うことが出来る。

 

塗料と皮膜の平均的な厚さが同じ場合は、特に均一に施された塗装ほど長持ちするが、これは一度の塗布では難しい場合がある。このため単一の塗料でも重ね塗りする場合があり、その際には前回と同一の一定方向に向かって帯状に塗布していくのではなく、前回とは直角になる方向に塗布していくことで、塗斑を抑えることが行われる。

 

吹付塗装、外壁塗装

 

缶スプレー、あるいはエアーブラシとコンプレッサーを使用して吹きつける。自動車を補修する場合の部分塗装などに使われる方法である。

 

建築物などいわゆる不動産の外壁塗装のようなの大型のものに対する塗装として、エアレススプレーという 塗料を高圧にしてその圧力で噴霧する機械もある。

 

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

「take93paint」って?

「take93paint」はもともとは塗装屋さんです。
「塗っちゃお!&激安塗装団」のキャッチフレーズで親しまれ、アナログでもデジタルでもとにかくリアルで華のある絵がとても魅力的で格好いい絵ばかりです!
バイク塗装や、Jazz、サンバーのカスタム塗装など、とても本格的でファンも多いのが特徴です。

 

本サイトは、take93paintの特徴を考慮しつつリニューアルし、不動産のリフォームでの外壁塗装や不動産の売買に関する情報を中心に、塗装や不動産、生活に関する参考になる情報をシェアしていきます。